内視鏡の詳しい説明

体内の様子が分かります

全身またはある一部の部分を撮影する時にレントゲン装置を使用してどのような状態になっているのかを確認します。
レントゲン撮影の時には体に放射線を当てて撮影するのでそのままの状態だと大変です。
なので、特別なマントのようなものを被って撮影します。

専用の機械に手と顎を載せてから数秒間息を止めて撮影します。
そうする事で、体内の状態が黒くなって映し出されます。
この時に、体内で異常があった場合には、白くその部分が映るそうです。

特に、癌や腫瘍の場合には前の記事でも紹介したように、内視鏡を使って検査をする場合もありますが、稀にレントゲン検査の中で見つけられる事もあります。
医療機器の中では比較的に目にしやすい機器ではないかと思います。

様々な種類に分かれています

レントゲン装置と言っても大きさもメーカーも様々あるそうです。
一般的によく目にするレントゲン装置の他にも、腹部や胸部専用のレントゲン装置もあるみたいです。
最近では、移動式のレントゲン装置もあるようで医療現場だけではなく様々な分野での活躍が目立っています。

医療現場で目にするレントゲン装置の多くは前の記事でも紹介したように、健康診断でよく目にする機器だと思います。
ですが、病院によっても種類の違うレントゲン装置をいくつか設置して様々な対応をしていたり、緊急時にもすぐに対応出来るようにしています。
近年では怖がって泣く子供達の為に、子供用のレントゲン装置の開発も進んでおり、恐怖を与えないような設計や外見になっています。


この記事をシェアする
TOPへ戻る